どうして薄毛になるの?知りたい薄毛のメカニズム

悩み多き薄毛のメカニズムを知ろう

現代生活では、男女を問わず、薄毛を気にする人が少なくありません。抜け毛を防ぐ、発毛を促すといった育毛剤の宣伝をあちこちで目にするようになりました。男女によって薄毛の傾向の違いはありますが、いずれも抜け毛が多いことから薄毛の悩みが始まるようです。
AGAと呼ばれる男性型脱毛症では、頭頂や生え際の毛の後退が多くみられますが、女性では毛が細くなり全体的に薄くなります。薄毛のメカニズムはどのようなものなのでしょうか。
通常でも毎日、髪はある程度抜け落ち、また生えてくるという一定の成長と脱毛のサイクルを持っています。ところが、何らかの理由で生えるほうの機能が損なわれてしまうと、抜け毛の量だけが増えるため、薄毛になってしまいます。
こうした髪の成長機能を阻害するのは、主に血行不良による栄養障害ですが、引き起こす要因となるのは頭皮環境の悪化、ストレスやホルモンバランス・自律神経の乱れなどです。

薄毛の改善を促す育毛剤

薄毛のメカニズムを知ると、薄毛の改善と育毛促進のために必要なことがわかります。つまり頭皮環境の改善、栄養、血行促進、そしてストレス解消や体調を整えることなどです。
まずは、ヘアケアや生活習慣についての見直しをしましょう。アミノ系などのシャンプーを適切に使って頭皮を清潔に保ち、更に育毛効果を高めるためには、有効成分を持つ育毛剤を使います。一般的に使われているのは、血管拡張の働きのある薬効成分や、抗酸化作用のあるオタネニンジン根エキス(高麗人参)、毛母細胞に栄養を与えるという和漢生薬などが配合されたものです。
育毛剤はいくつか試してみるなど、自分に合ったものを見つけることも大事です。そして、育毛剤やトニックを使う際は、髪でなく頭皮を丁寧にマッサージすることで血行を促進することが出来ますから、習慣づけましょう。

© Copyright Coverage Hair. All Rights Reserved.